酵素ダイエットのジュースは、レシピがあれば自分で作れるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

酵素ダイエットといえば、酵素ドリンクを飲む方法が一般的ですが、市販品ではなく自分で酵素ドリンクを作ってみたい、という方もいらっしゃいます。そこで気になるのが、ジュースのレシピです。朝食を酵素が沢山入ったジュースにするだけでも、新陳代謝がアップするので痩せやすい体作りをすることができます。

お夕飯を食べるのが遅かった時や、朝朝食をゆっくりと食べている時間が無いという方にも、酵素ドリンクはおすすめです。市販の酵素ドリンクも良いのですが、値段が高くて手が出ないという方や、自分で作ってみたいという方はぜひ手作りをしてみましょう。

さて、肝心のジュースのレシピですが、とても簡単です。キウイやリンゴ、レモンなどの果物と、てんさい糖(普通のお砂糖や黒糖でもOKなのですが、てんさい糖には食物繊維が豊富に含まれているのでおすすめです)だけ。

果物は皮付きのまま、できるだけ小さくカット。カットした果物とほぼ同じ量のてんさい糖を混ぜ合わせ、瓶などに入れて蓋をします。発酵したら完成なのですが、発酵させすぎると酸っぱいニオイがしてしまったり、時期が悪いとカビが生えてしまうこともあるので、注意が必要です。

ジュースのレシピは他にも色々とあるので、自分が作りやすいもの、飲みやすいものでよいのですが、「発酵」をするタイミングや時間を間違えないように、こまめに出来上がり状態をチェックをするようにすると良いですよ。